鶏卵 小川 ホーム 私の卵の効能 私の卵 ご注文ですか



[漢方薬剤、薬善料理、健康食品としての烏骨鶏]

 烏骨鶏そのものや、その卵は漢方薬の原料、薬善料理の素材として利用され、東洋医学の古典「本草綱目」には様々な効能が謳われています。
 その酢卵は健康食品として高く評価されています。

[酢卵の効能]

 体力強化、病後、虚弱体質、不眠症等々に効果があるといわれます。
 血行をよくし、肌を滑らかにし、妊産婦、整理不順、冷え性、貧血、更年期障害、神経痛、腰痛、肩こり、五十肩、眼精疲労、老化、・呆症の予防(アルツハイマーの予防として卵の黄味が良いことは科学的にも言われている)、等に効果がある。
卵殻カルシュームが骨を強化し、骨粗鬆症に効果がある。
 内臓機能を高め、精力増進、胃下垂、慢性胃炎、心疾患、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、肋膜炎、肝機能低下、腎臓病、等に効果がある。 糖尿病や肝臓病に対しては特に良いといわれており、神経痛やリュウマチ、老人病にも良いと言われています。何か万能薬の様であるが、西洋医学で言う処の薬ではないし、その効能も科学的に全て立証されている訳でもありません。

[酢卵の作り方]

  • 烏骨鶏の卵を洗い、食用酢1合に対し、卵1個を殻のまま浸す。
    酢に浸すのは黒酢の場合は3日から4日、リンゴ酢の場合は1週間を目安にしています。これ以上浸すと黄味が固まってしまいます。
    黒酢につけた卵は容器の底に沈み込みますが、リンゴ酢の卵は浮いたままです。
    飲み易さからするとリンゴ酢は甘みがあり、呑み易いです。
    おすすめ品:タマノイ(株)の「新スーパー黒酢(¥780円)」
  • 卵殻が溶け薄くなった薄皮を爪楊枝で突ついて破り、薄皮を取り除きます。
    残りが酢卵の原液です。これを良くかき混ぜて飲み用とします。
  • [酢卵の飲み方]

  • 飲み難い場合は蜂蜜、ミルク等で薄めて飲みます。
    黒酢で作ったものは酸味が強めです。
    リンゴ酢で作ったものはジューシーで甘めです。
  • 原液と蜂蜜をジューサーでかき混ぜ、それを冷蔵庫に保存し、水で薄めて朝最初の飲み物として空腹時に飲みます。
    1週間を目安に飲み、残りは冷蔵庫に保存して下さい。
  • [卵について]

  • 有精卵はメス7羽に対してオス1は羽で飼育が一番理想の飼育とされています、私もそうしていますが、有精検査を
    できない為に(有精卵)の表記をはずしました  私ぱ100%の自信がありますが 表記訂正いたしました
  • 烏骨鶏メス1羽が年に生む卵の数は春先に12個ていどしか生みません。まれに時期はずれに生むとりもいます。
    4月5月以外の月の注文は納品は1月以上かかります、この時期は特に有精の保障はでません
  • [烏骨鶏のご注文の方は...]

  • 御購入を希望される方はここをクリックして下さい。


  • 鶏卵 小川 鶏卵 小川
    〒329-0412
    栃木県下野市柴91番地3
    Tel 0285-44-3629
    Fax 0285-44-7587
    E-mail zekiti@green.ocn.ne.jp

    Copyright (c) KEIRAN_OGAWA /
    inserted by FC2 system